農学博士 金内誠の部屋

ホーム>農学博士 金内誠の部屋

ビールの陰の主役 ~ホップ~

夏の暑い時期には冷たいビールが美味しくなります。ビールを飲むとスッキリします。

これは、ビールの特徴の一つは、ホップの香りや苦味によるものです。このホップの香気は、ビールの特徴香といっても過言ではありません。現在第三のビールといわれているビール風飲料では、本来ビールの主原料である大麦麦芽は使われていません。しかし、ホップが使われており、この香りによってビールのような風味があります。

ところで、ホップはアサ科の植物で、背丈が5~7mにもなり、収穫の際には背の高い竹馬の上に乗って作業したり、高所作業専用の機械によって作業したりします。収穫したホップは乾燥後に使用されるのですが、ホップの毬花(まりばな)と呼ばれる部位の、花弁の根元に存在するルプリンという黄色い粒子を用います。

このようなホップはいつから使われたのでしょうか?

ビールは、メソポタミア時代には飲まれていたとされています。しかし、この時代にはホップが使われたという記録はありません。中世時代にグルートと呼ばれるハーブを混合したものが使われたとしております。フェンネルやミント、ヨモギなど30種類の多くのハーブが添加されていたと考えられています。しかし、地域や季節によっても異なったことでしょう。

その中の一つにホップが存在していたようです。9世紀の書物にはホップを使用したとの記述があります。しかし、それはホップが栽培、あるいは自生していた地域に限定されていました。13世紀以降にはホップに使用が主流になっており、1516年4月23日には、バイエルン公ヴィルヘルム4世が、「ビールは、麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」というビール製造に関する法律、「ビール純粋令」が制定し、現在のようなビールができていると考えられます。

左…ホップ、右…ルプリン

ホップとルプリン (発酵食品学 講談社より)

ホップの効果

暑い時期に飲むビールは、独特の苦みが喉の渇きをいやしてくれます。

このように重要な香気や苦みを与えるホップには、フムロンという物質が含まれています。この物質は、このままでは、あまり苦くありません。しかし、その物質は、製造時に加熱沸騰すると、イソフムロンという物質へ変化して、苦みを呈するのです。

ホップをいれて煮沸すれば、それだけ苦くなりますが、ホップ特有のさわやかな香りが飛んで行ってなくなります。香りと苦みのバランスをはかり、美味しいビールを作り上げるのが醸造責任者(ブラウマイスター)の腕の見せ所といったところです。

醸造上、ホップの効果としては、ビールが腐るのを防ぐ役割があります。インディアン・ペール・エールというホップを利かせたビールがあります。これはアルコールを高めただけでなく、大量のホップを使い醸造し、イギリスからインドまで船で輸出できるようにしたものです。現在では、アルコールが高く、苦味が強いビール好きのためのものとなっています。

ところで、ホップには健康効果もあります。まず利尿が挙げられます。ビールを飲むとトイレに行きたくなりませんか?これは、ビールを飲んで水分ばかりではなく、ホップによって排尿が促進され、トイレが近くなるためです。さらに、そればかりではなく、催眠、鎮静、食欲増進、消化促進なども報告されています

ついでに、ホップを含むビールだけでなく、アルコール飲料に関して、1926年Raymond Pealは「適度な飲酒は死亡のリスクを下げる」ことを発表し、死亡リスクと飲酒との関係が、UあるいはJカーブを示すことを報告しました。これは、1日12オンス(約350ml)のビールを1~3本飲むと死亡リスクが低減するというものです。飲酒によって、血液中の善玉コレステロールを増やし、高血圧、虚血性心疾患、脳卒中などを引き起こす動脈硬化を防ぐ効果が期待できるといわれている。

しかし飲みすぎには気を付けたいものです。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」といったところでしょうか?

▲ページの先頭に戻る

花を喫する

現在は、電照することで、年中楽しむこともできますが、秋の兆しが感じられる時期は、菊の花の季節であります。

また、9月9日は、重陽の節句です。
これは、菊の花が咲く季節なので菊の節句ともいわれる。現在でも皇室の園遊会(観菊御宴)が行われています。このとき、かつての宮中では菊の花びらを浮かべた菊酒を、飲んだといわれます。なんとも風流なものです。

菊の花ことばは、ずばり「高貴」なのです。そのためかどうかはわかりませんが、菊のご紋は、天皇家のご紋として使われています。

しかし、山形県では、その菊の花を食べる風習があります。その菊は、食用菊ではありますが、陛下のご紋を食べることから、「もってのほか」と呼ばれております。

ところで、山形県では、同じキク科の花のベニバナを県花としております。ベニバナは、エジプト原産で、日本にはシルクロードを経て4~5世紀ごろに伝わったとされています。花弁は染料や漢方薬、種は油用といわれています。現在では、特産品として、アイスクリームなどの食品へと応用されております。

ところが山形県米沢市の団体と宮城大学との共同研究により、ベニバナ焼酎を開発しました。(詳しくはこちら)

本来ベニバナは香りが強く、心地よい香りではありません。しかし、発酵させることで花の心地よい香気のみを残すことが可能でした。

このようは花弁を、お酒の原料とするものは、世界でも多くはありません。

宮中の菊の節句で飲まれる風流な菊酒に思いをはせ、ベニバナの花弁の焼酎を飲んでみてはいかがでしょうか?

▲ページの先頭に戻る


大学の研修プログラムの引率で
ベトナムへ行く機会を得ました。

日本のNPO財団FIDRの方の案内で、学生たちと一緒に、政府の保護地域になっている少数民族のカトゥ族の村を訪れました。カトゥ族は、独自の言語や生活文化を持ち、お年寄りは、ベトナムの共通語である「ベトナム語」を話すことはできないそうですが、若者は、高校にも通っているそうです。また、普段、若者はバイクに乗って買い物に行くような生活を送っているそうです。

この村のツアーでは、民族衣装での踊りや伝統料理などを体験できました。

主食の米や副菜の野菜(菜っ葉)など、バランスのとれた健康に良さそうなものでした。調理器具を持たないためか、竹に米やイモを詰め、そのまま火にかけ、蒸し焼きにするそうです。

また、男の人は「タバックワイン」というヤシ酒を自作し、飲んでいて、一杯頂いたのですが、酸っぱくアルコールを感じませんでした。お酒研究で有名な菅間 誠之助先生によると、ヤシの樹液を発酵させ、4%アルコールを含んでいるとのこと。

発酵には、木の棒を入れて発酵を促進させるそうです。お酒は国や地域によって原料や製法が異なることが興味深いです。今回のベトナム旅行を通じ、酒の奥深さを改めて実感しました。

▲ページの先頭に戻る


健康と飲酒

金内誠
公立大学法人 宮城大学
食産業学部 准教授
金内 誠

「ワインは最も美味しい薬であり、最も楽しい食品であり、最も価値ある飲料である」と古代ギリシャのヒポクラテスは讃えています。また、Good wine makes good blood.(良いぶどう酒は良い血を作る)とも語っています。

日本でも、「酒は百薬の長」などと言われています。これは、洋の東西を問わずに、適度な飲酒は、健康機能が増進する効果があると経験的に知っていたことが考えられます。

実際にアルコール飲料と健康との関係は、「Jカーブ」を描くといわれています。

これは、1993年にアメリカ合衆国保健科学協議会で「適量の飲酒をしている人の方は、全く飲酒をしない人や大量にお酒を飲む人に比べて、最も死亡率が低い」という疫学調査の結果によって示されたものです。

下の図には死亡リスクと飲酒量を示したJカーブのグラフを示しました。その結果、個人差や病歴などによってもことなりますが、疫学調査の結果では、最も死亡率が低くなる飲酒量である2~3単位とは、日本酒なら1日に1~2合、ビールなら1日大瓶1~2本といわれています。また、飲酒には、リラックス効果もあり、自殺率や心筋梗塞のリスクも下がるとも言われております。

このような科学的検証よりも、自分の好きなお酒を見つけて、楽しいひと時を過ごすことで、心も体も豊かになることでしょう。

米沢の豊かな環境で育まれた原料の米やブドウから、確かな技術で、醸造されたお酒を是非ご堪能ください。

Jカーブ

Jカーブのグラフ

▲ページの先頭に戻る

ニュース

宮城大生が日本酒醸造!
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyagi/news/20150224-OYTNT50373.html
(読売新聞 地域ニュースに掲載されました)

▲ページの先頭に戻る

お支払いと配送方法

お支払い方法
◯ 代金引き換え(商品合計額に一律324円の代引手数料が加算されます。)
◯ 銀行振込
送料について

送料は全額お客様負担となります。
都道府県別の一口分の送料につきましては下記をご覧下さい。
クール便(チルドゆうパック)をご希望の場合は、一口+220円(内税)でのお届けになります。

地区 都道府県名 送料
県内 山形 610円
東北・
関東・信越
青森・秋田・岩手・宮城・福島・長野・新潟・群馬・山梨・栃木・茨城・埼玉・千葉・東京・神奈川 710円
北海道・
北陸・東海
北海道・静岡・愛知・三重・岐阜・福井・富山・石川 810円
近畿 兵庫・京都・大阪・滋賀・奈良・和歌山 930円
中国・四国 島根・鳥取・山口・広島・岡山・愛媛・香川・徳島・高知 1,030円
九州 福岡・佐賀・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島 1,230円
沖縄 沖縄 1,340円

※重量など、表以外に関しましてはご相談下さい。

※1800ml瓶は「6本まで」が一口分の送料となり、720ml瓶は「12本まで」が一口分の送料となります。予めご了承ください。 上記の本数を超えてご注文いただいた場合には、送料について金内酒店よりお客様までご連絡いたします。

配送について

離島および一部遠隔地は商品の品質保証上お届けできない場合がありますので、お申込の前に当社までお問い合わせ下さい。
クール便でお届けした商品は速やかに取り出し冷暗所で保管してください。瓶・ラベルに水滴がつく場合がありますが、ご了承下さい。

配送日について

商品は、お申込受付後5~10日前後でお届けします。配送事情等により、商品の到着が遅れることがございます。ご了承くださいますようお願い申し上げます。

配送業者について
ゆうパック

特定商取引の表記

販売業者名 有限会社 金内酒店
運営責任者 金内 晴一
所在地 山形県米沢市駅前三丁目4-2
連絡先 0238-23-1192
メールアドレス ajijiman@ms3.omn.ne.jp
商品代金以外の必要料金 送料/代引手数料
申込の有効期限 受注の確認日の翌日から10日
ご注文方法 インターネットのショッピングカート
お支払い方法 代金引換
不良品 着払い返品後、交換もしくは購入代金の返還
返品期限 商品到着日の翌日から7日間以内
返品送料 注文した品物と異なる場合や不良品の交換は弊社負担、その他お客様都合の場合はお客様負担
お引渡し時期 受注確認日から3営業日以内に商品を発送いたします。

プライバシーポリシー

登録目的

当社は商品のご注文、お問い合わせ等を目的として氏名・住所・電話番号・メールアドレス等の個人情報を登録していただいております。お客様の個人情報は、その目的以外の用途には一切使用いたしません。

利用目的

当社で保有している個人情報は、お客様がご注文された商品の配送、関連する情報のご案内、及び社内における調査・研究資料、商品・サービスのメール等による各種案内及び営業活動として利用させていただきます。

不正アクセス等の防止

お客様の個人情報は、紛失・改ざん・漏洩・破壊、及び不正アクセスが生じないように、セキュリティ対策を講じ、管理しています。

個人情報の開示

当社は、お客様の事前の許諾なしに第三者に開示しません。ただし、法令により開示を求められた場合、または、裁判所、警察等の公的機関から開示を求められた場合は、お客様の同意なく個人情報を開示することがあります。

お問い合わせ先
有限会社 金内酒店

TEL 0238-23-1192 / メールアドレス ajijiman@ms3.omn.ne.jp

▲ページの先頭に戻る